モトサイクレット・サワダとは

HOME» モトサイクレット・サワダとは »歴史

モトサイクレット・サワダとは

歴史


モトサイクレット・サワダの歴史
モトサイクレット・サワダは、1982年(昭和57年)に愛知県新城市で創業しました。
ホンダ専門店として数多くの新車を並べ、創業当初から賑わいを見せました。


創業者の澤田保美は、幼い頃からバイクに興味を持ち、その人生をすべてバイクに注ぎ込んで来ました。

自身もヴィンテージバイクをこよなく愛する一人であり、BMWやMOTO GUZZIなど個性的なバイクを所有し日本中の道路を走り抜けてきました。

小学生の頃からバイクに興味を持ち蓄えた知識は膨大で、バイクの楽しさを一人でも多くの人に伝えたい、そんな思いで始めたのがモトサイクレットサワダです。

そんな創業者の思いと、経験、知識を受け継ぎ、より趣味性が高く、お客様に楽しんでいただけるショップにしようと日々努力しております。
EPISODE
下の写真をご覧いただきたい。このレーシングマシンは何でしょう?
ホンダコレクションホールに保管されているワークスマシンの数々です。
スペンサーRS500、清水雅広NSR250R、RC171、RC149、RS1000RW、
まだこの時はレストアされていない当時の傷や汚れ、塗装が残った状態なのです。
今では一般の方には触る事も許されない貴重なマシンを貸していただきました。
2012/06/16