ヴィンテージバイクの魅力

HOME» ヴィンテージバイクの魅力 »楽しみ方

ヴィンテージバイクの魅力

楽しみ方


「好きなバイクをガレージで眺めながら一杯やりたい」
ヴィンテージバイクが好きな人たちはみんな思っていることでしょう。

これはいつ見ても、どんなに見てもヴィンテージバイクには
見飽きない魅力があるということではないでしょうか。

また、イベントや集会で自慢のバイクを披露しあって、
話しに花を咲かせるのも楽しみ方のひとつです。

ヴィンテージバイクには、本当に多くの楽しみ方があります。

モトサイクレットサワダでは、各種イベントの紹介、
お客様のバイクの資料を収集するお手伝い、装備品のご提案など、
楽しみ方を追求し提案していきます。
EPISODE
Q:古いオートバイって壊れますか? A:はい、壊れます!

お店でお客様といつもこんなやりとりからスタートするのですが、
んん~・・・壊れないのが当たり前の世の中ですから、
説明がうまく伝わっているのだろうか?いつも考えさせられます。

写真は、自宅ガレージなのですが、ここにある社長のBMWやGUZZI、
もう30年以上所有しているんです。
なんでそんなに長く持ってるのかって、余裕があるからじゃないですよ。

たまらなく欲しくて無理して買って、散々乗って、イジッて、転んで、壊して。
壊れるしパンクするし調子悪くなるし・・でも楽しいんです。
思い出が詰まってるんです。
近くで見ればタンクは凹んで錆もあるし傷もある。
でも歩んできた歴史を感じるんですよね。
やはり多くの人に古いオートバイの魅力を感じて体感して欲しい。

古いオートバイは、子供みたいなものですね。
お漏らしするし、病気になるし、熱出るし、それぞれ性格が違って、
不細工なところもある。
でも、大事にできるんです。
BMW、BMW、BMW・・・

ピットの中がハーレーだらけになったり、ドカティだらけになったり・・
何でも直しますが今までに直せずあの世に葬ったオートバイはありません。

モトサイクレット・サワダは多国籍バイク屋なので、
ハーレーしか興味なかったのに、
なんかドカティも乗ってみたくなった!とか、
ハーレー嫌いだったけど、ハーレーもカッコイイね!
楽しそうだね!とか
いろんな方が来店されます。

オートバイの話をされる皆さんはとても楽しそうです。

楽しんでナンボです。
みなさんオートバイで楽しんでますか?