ヴィンテージバイクの魅力

HOME» ヴィンテージバイクの魅力 »ヴィンテージバイクの魅力と歴史

ヴィンテージバイクの魅力

ヴィンテージバイクの魅力と歴史





フランスで1873年に最初の蒸気機関を動力とする二輪車が作られて以来、1885年にダイムラーが内燃機関を搭載したモデル、1903年にはアメリカにてハーレーダビッドソンが
自転車にエンジンを搭載したモデルを製造、その後第一次世界大戦中の技術進歩を経て、1920年代になると、現在のバイクで一般的となる構造が確立し、社会に浸透していきました。

その後、時代と共にバイクは高性能となり、デザインも変化していきました。しかし欧米では古い物を長く大切に使う文化があり、いつしかそれが昔のデザインや性能、古きよき時代を感じ楽しむというひとつのスタイルへと変化していきました。

現在ではヴィンテージという文化が深く浸透し、各メーカーから昔のデザインを復刻した車両が多く発売されています。

しかし、本物のヴィンテージバイクの無駄のないデザインと重厚感は見る人を引き付け、それを所有し乗りこなすカッコ良さから現在のバイクにはない特別な感覚を味わうことができます。